男性が望むセフレと女性が望むセフレの違い

男性と女性、どちらもセフレが欲しいとしても、男女ともにセフレに求める条件が違うようです。それは、食べ物の好みが違うように、セックスの相性が違うことがいえます。では、男女がそれぞれセフレに臨むことの違いには、どんなことがあるでしょうか。
1つは、セックスの相性で、これ自体男女共に違うようです。男性と女性の体の感じ方自体違うので、満足にセックスが出来ている女性は少ないかもしれません。ほとんどの場合、男性主体のセックスになってしまうので、女性の体の性質を活かせないまま終わってしまうことが多いのではないでしょうか。
なので、男性はすぐに会ってすぐにセックスをして、きっぱり別れるというさっぱりした人もいれば、女性はゆっくりお互いのことを知るために遊びや話を通してじっくり時間を過ごしてから、セックスをしたいという人もいるでしょう。もちろんその逆もあるので、そうした相性が合う人を選ぶことはポイントです。
セックスの相性自体は、感じるポイントの違いはあるにしても、後から知った知識を活かすことで相手を満足させられることもあるので、そこは相性というより相手への思いやりがあるかどうかというのもポイントです。お互いに自分だけが気持ちよければいいという同士であれば、それはそれできっぱりしていていいのかもしれません。
ですが、自分は相手にしてあげてるのに相手は自分にしてくれないという関係であれば、やはり不満が残るので望むセフレにはならないでしょう。また、避妊をするかしないかでも、気にしない人は全然気にしないですが、特に女性の中には避妊をしなかったために1日中ずっと悩んでしまうという人もいるかもしれません。
なので、セックスの相性が合う相手を選ぶことは、望むセフレを作る上で大切なポイントになるでしょう。また、価値観が同じ相手かどうかも大切なポイントです。セックスをしていても、何かお互いの意識が通じていないセックスを体験したことがある人もいるかもしれません。
自分にとってはこれがしたい、これが大事だと思っていることが相手にとってどうでもいいことで、それが態度に出ていると初めのうちはいいかもしれませんが、長くいれば相手にイライラしたりセックスをしても100%集中することが出来ないかもしれません。
なので、相手と自分の価値観が違っても相手の価値観を尊重することが、相手を満足させるうえで大切なポイントになりますし、そもそも価値観が同じ相手を見つけることはもっと大切といえるでしょう。価値観が合う相手であれば、セックスをしている時はもちろん、普通の話をしている時でも楽しく繋がりを感じながら話すことが出来るでしょう。
特に、男性は自分の価値観を話し、女性は価値観もそうですがその場が楽しければそれで十分という価値観を持った女性もいて、お互いにそれが理解出来ないと、男性からすれば自分の話を十分に聞いてもらえていないという不満を感じ、女性は固い話ばかりで楽しくないと不満を感じることもあるでしょう。
この男女の違いを知ってセフレだけじゃなく恋愛に活かせれば、よりお互いを理解し合う恋愛にも繋がるでしょう。男女の違いを知らずに関係を持っている人ばかりなので、相手のことが分からなくなったり不満が募って相手と別れるというケースは少なくありません。
男女が望むセフレの違いを知れば、いざセフレ関係を持った時に相手に合わせることが出来ますし、自分はこうしてほしいということも相手は分からないんだと理解し納得することも出来るでしょう。そうした考え方の違いが大きな違いを生むこともあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加